メディチ家の至宝展いった

ゆえです
庭園美術館で開催中の、メディチ家の至宝展に行ってきました!
実は庭園美術館はじめての私……。
大変楽しかったです!

メディチ家は商家から始まって、王妃を出すまでに上り詰めた家。ヨーロッパ史の中でも珍しい存在だそうです。
はじめは、公の場以外では慎ましかったメディチ家も、段々と過剰になってゆき、遂には「最後の一人」になってしまうまでに至る……。なんだか物語のようですね。事実は小説より奇なり。

しかし、そんな成金の果て?に栄華を極めたメディチ家の至宝はまことに凄まじく。ポートレートに描かれた貴婦人たちのドレスは、それが現実なら価格はいかほど……!というような、宝飾品の嵐。
カトリーヌ・ド・メディシスに至っては、真珠を5000個近く持っていたとか。養殖のない時代、一粒でいくらになったのだろうと思うだけで、身震いです。

アンティークジュエリーや、「石の力」、16世紀頃の貴族文化に興味のある方はぜひ。

image

▲パールがすごい、メディチ家の至宝。パールを身に着けていくとドレスコード割引で100円引きでした!なんとなく、「メディチ家なら真珠だろ」って適当な理由でパールのネックレスをつけていってよかった!



image

▲庭園美術館は旧朝香宮邸。アールデコ?アール・ヌーヴォー??内装もとても素敵。

image

▲すごく素敵なお庭がある!

image

▲野薔薇

image

▲美しいガクアジサイ

image

▲竜舌蘭に似てるような……?なんの花だろう

image

▲おやつ♪

image

▲お夕飯♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。