ジュンカワイイイイイイイイイイ

どうしよう! なにこれ!
いきなり一発目のイベント、むしろオープニングで打ち抜かれたんですけど!
テレビ見てたら勝手に部屋に入ってくるとか! ポケモンもらいに行こうって草むらに飛び込もうとして博士に怒られたら、「……じゃあ、こいつにだけはポケモンあげてくれよ。……言い出したの、オレだから」とかって!んもう!!さすがあのお父さんの子!素直!かわいい!
いや、思えばシルバーだって一発目のイベントで突き飛ばされた瞬間に「きゅん!何この子絶対落とす!」ってときめきが芽生えたんですけど(それときめきか?)、今回は「おまえらくっついちゃえよ!」って方向で萌えが大炎上です。
あ、こんばんは、ゆえです。
昨日買ったプラチナを、出勤時間からボチボチやり始めました。
イントロでは、やっべーナナカマド博士超かっこいーい、とか思ってたんですが、気がついたらジュンカワイイイイイイイイイイ!!になってましたなんだあの子。
おとなりのお家の強引でせっかちででも案外面倒見のいい幼なじみ、って美味しすぎるだろう。
「すぐこないと罰金100万円だからな!」って口癖が子供っぽくてかわいい。
しかたないなぁってなりながらもイチイチ付き合っちゃう主人公との関係が萌え。
町の人が「お前らまた一緒に遊んでんのか~仲いいな~」とか「ほらジュン行っちゃったぜ?」とか伝えてくれるのが、ほんとに仲良しで通ってるんだなーって感じがして超カワイイ。どうしよう超かわいい。
主人公を女の子にしたので、ナナカマド博士の助手はコウキくん固定ですが、男の子にしたことによってものすごいインテリっぽい感じがしてそれもまた萌です。面倒見のいいインテリ君萌え。
どうしようこの3人カワイイ。
と言うわけで冒頭30分をプレイして、こんな設定で行くことにしました。
■主人公
ヒカリ:名前は雪乃ちゃんでプレイ
おっとりとおとなしいと見せかけて、どっしり落ち着いたすごく芯の強い子。
言葉数は少ないけど、しゃべらなくてもジュンには伝わる。
ジュンの暴走には大抵、しょうがないなあ、で付き合う。一応ストッパーだという自覚がある。
暴走してばかりのジュンを一応心配してはいるけれど、ジュンなら大丈夫、とも思っている。
ジュンに付き合って遊んできたので何気に体力派。
多分将来は超美人。
■ライバル
ジュン:ジュン以外がしっくりこなくてジュンのまま
せっかちでやたらと素早い、運動神経バツグンの男の子。
ものすごい早口で機関銃のようにしゃべるため、ヒカリ以外の人には聞き取れないこともある。
ヒカリのあるんだかないんだか分からないような相槌を全部読み取ってる。
ヒカリを引っ張りまわして、本人は面倒を見ているつもり。
(でもお母さんたちからは面倒見てるのはヒカリだと思われてる)
ヒカリに対しては、薄々、自分の気持を「なんか変だぞ」と思い始めてる。
■助手君
コウキ:固定
頭の回転の早い、紳士な雰囲気を漂わせるインテリな男の子。
三人の中では一番大人びていて、言動も態度も落ち着いている。
でも、夢中になると専門用語ガンガンで専門の話をしてしまい、周りをぽかんとさせることも。
実は自分が一番体力が無いんじゃないかとちょっと気に病んでいる。
ヒカリのことはちょっといいなと思っていて、ジュンのことは面白い子だなと思っている。
ジュン本人より先にジュンの気持ちに気づいているけど指摘はしないで見守る方向性。
……どうだ!ここまで妄想してプレイスタートだ!
これで面白さ三割増しになると思います。
とりあえず、ジュンとおそろいでムックル捕まえた!
とか書いた癖に昨日の例のウルトラQネタを書く気満々です。
我ながらSだと思うよ。
でも、ジュンとシルバーを絡ませたら絶対面白いと思うの(笑)
大喧嘩するか、案外シルバーがさらっとかわしちゃうか、うっかりめっちゃ意気投合するか……。
精神構造的にはシルバーのほうが大分大人だからどうなるかなー。
とりあえずシルバーのメンタルの強さはみんなもっと特筆すべきだと思うのよ!
あの子、痛々しいくらい超前向き! お母さん心配!
……脱線しましたが。
プラチナプレイ、思いのほかもえっとしたものになりそうです。あー楽しみー!

さて!
無事にスペ34巻を手にいれたので熟読してきます。
妹のプラチナがちょうど34巻と同じところだなう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。