BW2とNとトウコと

ゆえです。

原作からの燃料投下が多すぎて消化不良を起こしています。
ちーとも書けないし、結論が出ないし、考察が足りません。

まとめる意味も込めて、今日もつぶやきまとめ。

■Nとトウコとドラゴンと

あの挫折はボクの人生に必要だった!アリガトウ!みたいなテンションじゃん?めいっぱい心配したあたしバカみたいじゃん!って感じじゃん?ねえ。
2012年6月28日

2年間罪悪感にかられて謝りたくてNを追ってたのに「アリガトウ!」とか言われたらなんかもうどうしていいかわからなくなって号泣しちゃうんじゃないかとか。トウコさんに号泣されてオロオロするN様が目に鮮やかです
2012年6月28日

BW2発売前には、私を許さないで♪憎んでも覚えてて♪ っていうトウコちゃん妄想とかしてたんですけど、BW2出てみたら「トウコさんそれはあまりにも杞憂ですぞ」っていう気持ち
2012年6月29日

トウコさんが帰ってきてる時に偶然Nがカノコを訪ねてきて、ああ、キミがN君!って破顔するママがトウコなら自分の部屋、2階よ、って勝手に通しちゃって、トウコさん爆睡中みたいなそういう あれ?
2012年6月29日

寝顔かわいいなとか思ってるんでしょどうせ……ばか! 起こすに起こせなくて寝顔にアリガトウとか言って部屋を出て、また来ますとか言って家を出ちゃうんでしょ……
2012年6月29日

え?お友達?誰? あのほら、Nくんとか言う…… ええっなんで起こしてくれなかったのー!?どこ行ったの!?って慌てて飛び出して近くのポケモンセンターとか探すトウコさんとか……
2012年6月29日

近くのポケセンで無事発見したりするんだけど、自分が寝ぐせボサボサのノーメイクで再会しちゃった事に気がついて悲鳴あげて隠れようとするトウコちゃんとかもいいよ……
2012年6月29日

素で、「どうして?」とか聞いちゃうえぬさましか浮かばないですね…… 十二分に綺麗なのに?みたいな 素でそういうこと今なら言いそうえぬさま
2012年6月29日

二年後のえぬとこを全霊で求む とうこさん綺麗になっただろうな…
2012年7月1日

見つけた瞬間絶句して思わず逃げるように隠れて、アリガトウって言いたい一心でトウコを探していたのにおかしいな、言葉がなにも出てこない、とかポツリ呟くえぬさま
2012年7月1日

何故トウコはNをさがしたのか、何故「おともだち」だと母親が言ったのか、本人が友達だと言ったのか、母親の勝手な解釈なのか、トウコはベルとチェレンには、本当になにも言わなかったのか、言わなかったとしたら何故なのか…チェレンのいったもう一人はえぬのことなのか…自分の答えが出ない
2012年7月3日

チェレンたちにとって英雄とはトウコのことだろうから、「もう一人」がNだとするのはわかる、が、とするとチェレンは「Nなら見つけられるかもしれない」と判断したことになる。なんで?
2012年7月3日

チェレンは町の人たちの話から、Nが戻って来てることに薄々気がついてたのかな。クリア後の五番道路戦では、主人公とNが戦ったことを知っているものね。2年近く音沙汰のないトウコより、見つかるだろうと踏んでもおかしくないか。Nは目立つしな…
2012年7月3日

そして最大の難関 何故トウコがNを探す旅に出たのか という謎が残った
2012年7月3日

なぜNを「友達」と呼んだのかという最大の謎が……
2012年7月3日

Nのことをなんて説明していいか迷って、友達、って母親には伝えたのかもしれないなぁとか。敵のボスだった(ラスボスではないにせよ)ヒトだけど、敵だとは思ってなかったし、対の英雄だと言われても、そうとも思えなかった、ってことなのかなぁ。
2012年7月3日

一番近い言葉で言ったら、ともだち、かな。っていうトウコさんかなぁ……
2012年7月3日

BWのあの流れの中で、気になって気になって、(吊り橋効果だけど)あれもしかして恋?みたいなのは想像できるんだけども、「ともだち!」って言うのはどうにも想像が付き難くて悩ましい。
2012年7月3日

恋はひと目で落ちる事もできるけど、ともだちになるのは時間がかかる、って思ってるせいもあるかな……
2012年7月3日

1度や2度遊んだくらいじゃ友達とは呼ばないだろう?
2012年7月3日

トウコの旅立ちの理由は、伝えられなかっただろうけど、チェレンもベルも薄々知ってるんだろうなぁっていう気はする。
2012年7月3日

あたしまた旅にでる、そう、行ってらっしゃい、今度は何をするの? ……友達を、探すの! っていうかんじ? トウコさんはママにはNのことはなししてたかもしれないなーとか。
2012年7月3日

どんなことがあったのか全部は話さなくても、あのママだったら汲み取って分かってくれそうなカンジもするね。
2012年7月3日

知人というほど遠くはなくて、友達と呼べるほど近くはなかった。でも自分にとっては不思議と特別だった。この関係をなんて呼んだらいいかわからない、それならせめて友達と呼ばせて。
2012年7月3日

BWの英雄って、「どっちか片方だけがいる」状態は正常じゃないんだよねきっと。両方いるか、両方いないか、そうでないと偏りが生まれちゃう。真実と理想は一緒にいないとダメなんだって気づいて、Nを探しに行ったのかも。あ、しっくりきたこれ
2012年7月3日

手を取り合うのでも、反発しあうのでもいい、ただし両方が存在しないとならない。トウコだけが正しいわけじゃないから、トウコだけがいる状態は正常じゃない。それがBWの英雄であり、ドラゴンたちだったのでは。
2012年7月3日

レシラム(もしくはゼクロム)だけが存在するイッシュは歪んでしまう。イッシュ民はドラゴンを特別視しているし、2年間トウコだけがイッシュにいたら、Nの意見は完全に駆逐されてしまっただろう。それを避けるためにトウコはイッシュを旅立ったのかもしれない。
2012年7月3日

ゼクロム(レシラム)だけが帰ってきたBW2ではどうなるのかとおもいきや、英雄はドラゴンを後進に譲ってしまった。手放すことでバランスをとったのかも。……第三の存在であるキュレムがいることも大きいのかもしれない。
2012年7月3日

AとBしかなかった世界にCが生まれたことで均衡が保たれた?
2012年7月3日

Cが存在することで、Bだけが際立たなかった、だからBは帰ってこられた、更にBが手放され、Cとともに存在することでパワーバランスは完全に変わった。あとはAが戻り、BとCのところに戻されれば完全になる?
2012年7月3日

トウコさんが帰ってきてまずすべきことはレシラム(ゼクロム)を手放すことかもしれんな
2012年7月3日

レシラムとゼクロムとキュレムをさいしょの姿に戻すことでイッシュはひとつになるのかもしれない、けどそこがゲーム中で語られてないのはにくいところだ。
2012年7月3日

結局のところ、「レシラム」「ゼクロム」「キュレム」はそれぞれの姿のまま存在できる、だけど融合する事もできる、っていうのが「イッシュの理想・真実」なのかなぁ。
2012年7月3日

理想と真実は第三者を介在することで、個々にありながら共にあることができる…… 第三者とは主人公とNかもしれんのう……
2012年7月3日

理想と真実を象徴するゼクロムとレシラム、だけれど全てはその中間点に立てる、その象徴がキュレムだとしたら、Nとトウコ、そしてそれをつなぐ新主人公……って見方もできる?
2012年7月3日

私の中で、トウコがNを探しに旅立った理由は見つかった。でも「ともだち」とよんだ理由は今のところしっくり来ない……
2012年7月3日

Nがポケモンをトモダチと呼ぶからかな? 
2012年7月3日

Nはポケモンをトモダチと呼んで、自分とポケモンを対等と見ていた(なんせマージナル マンである)から、自分とNを対等とみなす言葉として「ともだち」を選んだのかな。
2012年7月3日

トウコとNの再会の間にメイちゃんキョウヘイくんが入るのは納得かな……でも「Nさんを探しに出かけたらしいですよ」ってNが聞いたらなんて思うだろう!
2012年7月3日

ともに手を取り歩め、の歌を聞いて旅立ったトウコさん、とかありそう
2012年7月3日

■メイとヒュウ

あっちこっちでちやほやされてるメイちゃんを見るヒュウの目がお父さんみたいな感じになってな……変なのに引っかかんなきゃいいけどとか言われてさ……まぁお前なら大丈夫だろうけどとか言われて、若干複雑なメイちゃんとかさ……心配されたい乙女心。
2012年6月29日

あっちでこっちでちやほやされる度、一番心配して欲しい人からは「もうオレがいなくても大丈夫だな!」みたいに言われて手を離されるみたいなさ、そういう青春もいいですね。苦いね。
2012年6月29日

メイちゃんは多分自分からアタックしないとそれこそ5年後くらいに実家帰ったら「よお!メイ、オレ来月結婚するんだ!式にはお前も来いよな」とか言われちゃうから頑張ったほうがいいよ!
2012年6月29日

心配しつつも実力を完全に認めて放任のヒュウ君がなんて言うかもう親御さん
2012年6月29日

メイちゃんちにはお父さんいないから、ヒュウがそれを気にしてちょこちょこ様子見とかに来てたんだったりお兄ちゃん打ってたんだったりしたら可愛いなぁとか思いました
2012年6月29日

ヒュウに頼まれてなかったらメイちゃん、プラズマ団と対峙したか分かんないよね。ヒュウったらいっつも勝手なんだから!とか言いつつも頼られるのが嬉しくて、先ゆく背中を追ってた、ってところもちょっとありそうで。
2012年7月2日

たとえ自分の方がバトルが強くなったって、「お兄ちゃん」してくれるヒュウだから、メイちゃんは子供らしく甘えたりしてそうで。
2012年7月2日

そんなメイ&ヒュウだから、プラズマフリゲートからジャイアントホールに移動するとき、「ヒュウを置いてひとり出て行かなければならなかった」っていうのがすごく大きいなあと思ったんだよね。
2012年7月2日

そこに、ヒュウがいるのに!いつもだったら先立って飛び出していった、どんなときだってそうだったヒュウがそこにいるのに!だのに!置いてひとりで行かなきゃならなかったっていうあそこが……
2012年7月2日

ある意味メイ&ヒュウの始まりでいままでの終わりだったのかも。
2012年7月2日

■ゼクレシキュレム

ゼクレシは、一回イッシュを焦土に変えてて、それを悔いてニンゲンに対して引け目を感じてるんじゃないかっていう 妄想をしています
2012年6月29日

愛した人々が相争い互いを傷つける様を見ていられなくて、いっそと燃やしてしまったんだろうか とか妄想すると大変 おいしゅうございました。
2012年6月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA