高野山に行ってきました

ゆえです。

先月、ブラタモリが三週連続高野山だったので、「行く前に見たかったー!!」と叫びつつ。

またしても過去旅の話になるのですが、7月の末に、一度は行っておきたいと思っていた、高野山へ行ってきました。
やどんと一緒に名古屋から、新幹線と特急とケーブルカーでなんと片道3時間。
なかなかにたどり着きづらい場所ですね。

どんどん深くなる山の中を一路電車は進み、最後は急なケーブルカー。
今でこそ、電車一本でたどり着ける場所ですが、当時は本当に山深い、秘境だったのではないかしら。
ちょっと調べたところ、京都から高野山や、高野山から熊野古道、九度山のあたりから高野山……と繋がっている参拝道は今もあって、やはり結構な山道であるようです。(昨年近くを通った熊野古道の『小辺路』はけっこうな荒れ路で、高野山に出るルートのようです)

急峻な山道を歩いて上り、そんな山の上に突如現れる、平坦な土地と居並ぶ甍の波。これは本当に、ちょっとびっくりします。

昔は女人禁制で、僧侶が数多道行き、平地より気温も低く、そこで営まれる密教の秘技――というわけですから、やってきた人たちは、異界にたどり着いたような気分になったんじゃないかしら。
今は世界遺産で観光地で、外国からのお客さまも多く、コンビニやらカフェやらあるのですけれども、それでも、30度を超えない気温と7月末だというのに咲き誇る紫陽花、苔むした道といくつもいくつも続く古い寺院に『なんか日常とは違うところに来たなあ……』という気分になったので、当時はさぞかし異界気分、だったことでしょう。
弘法大師さまが生きてらっしゃる事になってるところもこう、ファンタジー的な異界感があってゾクゾクしますね。

……さて。色々と拝見してとても楽しかったので、異界感をおすそ分け。

Categories :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA